茨城県で食す季節の味覚について

茨城県常陸太田市下高倉町には、武生山が在ります。
武生山は、標高459mの山ですが、この辺りはコナラ林やカエデなどの落葉樹が多くあり、秋期の紅葉の頃になると、武生山周辺は紅葉に包まれる山並に変わります。
そのため、秋期には多くの人がこの周辺に訪れると言います。

また、この山沿いを走る林道に、武生林道が在ります。
この林道は、太田市の下高倉町にあるは畑中部落から始まり、上高倉町の安寺部落までの間の約7.5キロメートル区間になります。

また、この林道がある辺りには武生山を初めとする、400メートルクラスの山の尾根が続いているのが特徴で、山と山の間を蛇行しながら走ると言うコースになっているのです。
蛇行するコースは、日光にある「いろは坂」のような道であると言われているのが特徴です。

更に、この林道の中には展望台が設けられているのが特徴です。
この展望台は山の頂上付近に設けられており、展望台からは、遠くに富士山や日光連山などの山々の眺望を可能にします。
尚、展望台近くには駐車場が完備されていますので、休憩などで立ち寄る人が多いのが特徴です。

因みに、この林道にある展望台は、自然を満喫できる場所でもあり、秋期の真っ赤に燃える紅葉は見事だと言います。

コメント