茨城県で食す季節の味覚について

日本で一番広い湖の琵琶湖は、誰もが学校の授業で耳にしたことがありますね。この日本一の琵琶湖に続く湖が、霞ヶ浦です。茨城県全体にまたがる、茨城を代表する観光スポットでもあります。土浦市、かすみがうら市など、多くの市に面しています。遊覧船に乗ってクルージングを楽しんだり、ワカサギ釣りなども楽しめます。また、夏から秋にかけての霞ヶ浦の風物詩が、帆引船の運航です。晴れていて、良い風の吹いている日に運行されています。夏休みなどの休暇を利用して家族で訪れても楽しめるレジャースポットです。レジャーに向かう途中や、レジャー帰りに休憩やショッピングを楽しむなら、行方市にある道の駅たまつくりに寄ってみるのもおすすめです。行方市の地域の農産物が買える物産館や、ファーストフードが味わえます。霞ヶ浦でとれたナマズや鯉を使った、限定バーガーで、ここでしか食べれない一品ですよ。道の駅からの景色もきれいで、運転疲れもリフレッシュできます。また、近くには、水のテーマパークである、霞ヶ浦ふれあいランドがあり、こちらも見逃せないスポットです。タワーは周辺のシンボル的な存在で、霞ヶ浦や周辺の景色を一望できるのでおすすめです。このように、道の駅周辺は家族で訪れるのにも絶好のスポットです。

コメント